ウコンの効果まとめ

MENU
スポンサードリンク

二日酔いにウコンは有効か

なぜ二日酔いに効果があるの?

 

ウコンという生薬は体内に入るとどのような効果を発揮するのかといいますと、体内にある過剰な炎症や熱、水分を処理して胆汁の分泌促進、血流促進、酵素活性を高めるなどの効果を発揮します。

 

次に肝臓についての説明になりますが、肝臓はアルコールを分解する臓器として知られています。
そのアルコールを分解する際に肝臓はフル稼働することになりますので、車のエンジンと同じく熱を持ちやすくなったり、炎症を起こしやすくなったりします。

 

この炎症が肝機能の指標となるγ―GTPなどの数値となって表れます。

 

ウコンはアルコールの分解代謝によって弱った肝臓に対して、炎症反応を抑えたり、血流を促進させて肝臓へのエネルギー供給を高めたりしてその働きを助けます。

 

よって、ウコンは二日酔いに効果を発揮して不快症状を緩和させることが出来るのです。

 

ウコン以外に気を付けるべき事

 

二日酔い予防にはウコンだけでは不十分です。その理由としては、アルコールを分解排泄する際には、他に必要な物質があるからです。その物質とは「水分」と「糖質」です。

 

水分

アルコールは肝臓によって最後は水と炭酸ガスに分解されて排出されます。その際に、体に貯蔵してある水分も一緒に排出されてしまうので体が脱水傾向になります。

 

水分はアルコールの分解に使われると同時に、排出が亢進してしまうことも相まって体に足りない状態となってしまうのです。それ故、アルコール摂取時はしっかり水分を摂取する必要が出てくるのです。

 

糖質

糖質はアルコールを分解された際に発生するアセトアルデヒドという毒性物質の分解を高める働きがあります。二日酔い時にはアセトアルデヒドが体内に残っていることが原因となっているケースが多いので、その分解を早める為に糖質をしっかり摂取しなければなりません。

 

スポンサードリンク