ウコンのストレス軽減効果

MENU
スポンサードリンク

ウコンのストレス軽減効果

ウコンといえばアルコールのお供というイメージがありますが、効果はそれだけに留まらず、あらゆる素晴らしい効果が次々と発見されています。

 

その一つに、現代人が多く抱えているとされているストレスを軽減するという効果も認められています。

 

ウコンは主にストレスによってもたらされる血流の悪化を改善することにより、全身へのダメージを軽減し健康維持に貢献しています。

 

特に、ストレスを受けて食欲が亢進したり、口臭が強くなるといった方に効果を発揮するので、そのような方にお勧めします。現代はストレス疾患が多くなっているので、ウコンの需要は今後益々増えそうです。

 

ウコンがストレスに効果があるとされている理由

 

抗炎症効果がある

ストレスが加わると血管炎症性が引き起こされるということが分かっているのですが、その反応をウコンは緩和させることが出来ます。

 

利胆作用がある

胆汁の分泌を促進させることにより、胃腸の働きを正常に保つことが出来ます。胃腸の状態は情緒に大きく関わっているとされています。

 

血流改善効果がある

血流が改善されるということは、自律神経が安定するということになります。

 

抗酸化作用がある

細胞の酸化は神経の興奮を引き起こします。酸化を防ぐということは神経の興奮を緩和させるということになります。

 

胃腸の働きを良好に保つ効果がある

殺菌、利胆作用があるので胃腸の状態を良好に保つことが出来ます。胃腸の状態が悪いと情緒が安定しないのでストレスを強く感じるようになります。

 

清熱作用がある

過剰な熱は交感神経といって脳を興奮させる神経を高ぶらせます。ウコンは清熱することにより交感神経の高ぶりを抑えます。

 

ストレスによる肝臓への影響を緩和させる

 

肝臓はストレスに弱いとされています。

 

その理由としては、肝臓は常に豊富な血流が流れていないと機能低下を起こすのですが、ストレスが加わると血管や筋肉が収縮又は弛緩しやすくなり血流が著しく悪化します。

 

そうなると、肝臓への血流が滞り機能低下につながるのです。

 

ウコンによる肝保護効果

 

ストレスによる肝臓の機能低下を防ぐのにウコンが効果を発揮します。というのは、ウコンには緊張を緩和させ血流を改善させるという効果があります。

 

この効果により肝臓への血流量を増やし、ストレスによる悪影響を緩和させることが出来るのです。

 

スポンサードリンク